ニュース一覧

緊急事態宣言を受けての対応

本日、政府より「緊急事態宣言」が発令されました。皆さまにおかれましては、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。

当オフィスの対応につきましては、カウンセリングや心理療法が精神的健康を守るものであることを踏まえて、通常どおり感染症対策を行いながら開室します。当オフィスの感染症対策についてはこちらをご覧ください。

当オフィスでのカウンセリングを継続中の方であれば、一時的にオンラインや電話でのカウンセリングに変更することは可能です。初回からのオンラインや電話でのカウンセリングは、今のところ行っておりません。ご承知おきください。

年明け早々、落ちつかない状況ではありますが、このような時だからこそ皆さまの心の健康に可能な限り寄与し続けたいと考えています。

今後の政府、自治体の動向により対応を変更する場合は、改めてウェブサイト、facebook、Twitterでお知らせ致します。

2021年01月07日

感染症対策について

新型コロナウイルスの流行はますます広がっており、不安なお気持ちで日々を過ごされている方も多いことと存じます。こんな時代だからこそ、心のケアは重要です。

南町田カウンセリングオフィスでは、感染症対策を行いながら対面でのカウンセリングを行い、必要に応じてオンライン・電話カウンセリングにも対応しております。

安心してご利用いただけるように、感染症対策の取組みについてご案内致します。

 

まず、感染症が疑われる体調不良のある方はご来室を控えていただいております。診断書をご提出いただければキャンセル料はいただきません。カウンセラー・セラピストも、体調不良の際にはお休みをさせていただきます。ご了承ください。

 

玄関には自動手指消毒器があり、手指の消毒にご協力いただいております。手を触れずにアルコール消毒をすることができます。

玄関や面接室のドアはカウンセラー・セラピストが開けますので、ドアノブに触れずに入退室できます。

 

カウンセラー・セラピストは最初に一度だけ顔をお見せしますが、その後は原則的に不織布マスクを着用致します。クライエントの皆さまにも原則的にはマスクの着用をお願いしております。マスクを忘れてしまった方には一枚差し上げますのでお申し出ください。

 

面接室内は二面の掃き出し窓があり、常に15㎝程度開けて、風通しを良くしています。寒さの厳しい日にはエアコンとストーブで暖かさを保つようにしています。

 

面接後には窓を全開にして空気を入れ換えるとともに、お手を触れたところで消毒できるところはすべて消毒を行います。

カウンセラー・セラピストは面接が終わるごとに手を洗い、アルコールによる手指消毒を行っております。

 

ご事情があって来室できない場合は、二回目以降の面接をオンラインや電話で行うことにも対応しております。

 

南町田カウンセリングオフィスでは必要な対策を講じながら、皆さまのこころの健康の保持増進に寄与し続けたいと考えています。

 

2021年01月05日

サイトをオープンしました

南町田カウンセリングオフィスのサイトをオープンしました。お申し込みの受付は2020年12月からとなりますが、少しずつ情報を発信してまいります。

2020年09月20日